サウナを利用した免疫対策|快適な睡眠をとる|敷布団で眠りの質が変わる!

快適な睡眠をとる|敷布団で眠りの質が変わる!

女性

サウナを利用した免疫対策

レディー

体温を上げるメリット

遠赤外線の身体を温めるパワーを利用して、様々な医療機器が開発されています。身近なところだと、サウナや岩盤浴も人気を集めています。遠赤外線で体温を上げるメリットの1つに、免疫力が上がることが指摘されています。健康に問題ない人間の体温は、大体36度から37度前後あります。ところが、風邪をひいているわけでもないのに平熱が36度以下の低体温症の人間が増えています。病気ではありませんから治療は必要ありませんが、体温が低いと免疫力が一気に下がるので発病しやすくなります。日頃から遠赤外線の温め作用を活用し、意識して体温を上げることが大切です。幸い、遠赤外線を利用した健康グッズはたくさんあります。着るだけで足元から身体を温める衣類も重宝します。

普通のサウナの弱点

遠赤外線は人体を温める作用に優れているので、サウナにも応用されています。サウナはどこも同じだと誤解している方も少なくありませんが、遠赤外線サウナと普通のサウナはまるで違うものなのでご注意下さい。例えば、遠赤外線サウナの温度は45度から60度ぐらいの低温なので、20分以上入ってもきつくありません。じわじわと芯から温めてくれるので、発汗量も多くストレスなく汗を流すことができます。ところが普通のサウナは単純に空気を熱くしているだけなので、皮膚がピリピリして長く入っていることができません。無理して長く入ると心身に強い負担がかかり、疲労の原因になります。しかも熱い割に発汗量も少なく、10分我慢して入っていても100cc程度しか汗をかくことができません。遠赤外線サウナなら倍以上発汗できるので、ダイエットにもぴったりです。